有効求人倍率、九州0.40倍(西日本新聞)

 厚生労働省が29日発表した2009年12月の九州7県平均の有効求人倍率(季節調整値)は前月と同じ0・40倍だった。北部九州が前月より下落したが、南九州では改善の傾向もみられた。

 県別では、福岡、佐賀、長崎が前月比0・01ポイントの下落。大分、宮崎、鹿児島は同0・01ポイント上昇。熊本は前月と変わらなかった。

 全国は前月比0・01ポイント改善の0・46倍。09年平均は前年比0・41ポイント下落の0・47倍で過去最低となった。九州・沖縄8県の09年平均は、前年比0・20ポイント下落の0・40倍だった。

 総務省が同日発表した九州・沖縄8県の09年10−12月の完全失業率は、前年同期比1・0ポイント悪化の5・4%。09年平均は前年比0・8ポイント悪化の5・4%となった。

 全国の雇用情勢について長妻昭厚労相は同日、閣議後会見で「ほんの少し改善しているが、全体水準は低い」と指摘した。

=2010/01/30付 西日本新聞朝刊=

<火災>長屋全焼2人死亡 北海道歌志内(毎日新聞)
<延岡市長選>首藤正治氏が再選(毎日新聞)
<郵便不正事件>厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
<伊方原発>「耐震安全性評価は妥当」…国の原子力安全委(毎日新聞)
鳥取不審死、36歳女を殺人容疑で逮捕へ(読売新聞)
[PR]
by wfcftj2i33 | 2010-01-30 16:28


<< 山田・京都府知事が3選出馬を表... 「北限のサル」公開初日に逃走=... >>