<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

1人区に全力を 渡部氏が小沢氏の選挙戦術批判(産経新聞)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は5日、TBS番組「時事放談」の収録で、夏の参院選の改選数2議席以上の「複数選挙区」で複数候補を擁立する小沢一郎幹事長の方針について「小沢君と全く考え方が違う。2人取れっこないところに2人立てて苦労するよりは29ある1人区に全力を尽くす。これが参議選に勝つ方法だ」と批判した。

 小沢氏の元秘書らの政治規正法違反事件に対する小沢氏の説明については「(有権者に)納得していただけないから世論調査で40%以上(幹事長を)辞めろという声が出る。絶対悪くないならば国会の場でもあらゆる場へ行って、潔白を証明すればいい」と語った。

【関連記事】
小沢氏「自民党政治では救われない」
ぶれる日本は「蚊帳の外」 米は何もしてくれない
事業仕分け第2弾、行刷相が“予防線”張る
“参院民主の乱” 「公共事業止めるな」 子ども手当「評判悪い」
民主マニフェスト検証・検討委の設置を表明 鳩山首相
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<北沢防衛相>小沢氏は参院選前に出処進退の説明を(毎日新聞)
医師ら41人の行政処分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
<東大寺>春の夜焦がす「おたいまつ」 二月堂のお水取り(毎日新聞)
石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら再逮捕(産経新聞)
首相、参院予算委前に「正直に真摯に誠実に」(産経新聞)
[PR]
by wfcftj2i33 | 2010-03-06 10:12

羊 ママとじゃれあい…出産ピーク 群馬・渋川の牧場(毎日新聞)

 群馬県渋川市の伊香保グリーン牧場で、羊の出産がピークを迎えた。2月上旬から次々と生まれ、これまで約70頭が誕生。白い毛に包まれた子羊は木造の羊舎で母乳を飲んだり、互いにじゃれあったりと元気いっぱい。20日から開催する「さくらまつり」で一般公開される。

【写真特集】かわいいヒツジの赤ちゃんも 毎日動物園

 入場料は中学生以上1200円(今月5日までは600円)、3歳〜小学生が600円(同300円)。4日は定休日。【内藤絵美】

【関連ニュース】
【写真特集】「ひつじがすき 日本のひつじ牧場」 可愛い羊に癒やされて…
キートン山田:「羊が1匹…」とカウント CD「羊の数だけ抱きしめて」発売
【写真特集】「うしか」と思えば「やぎよ」? 千葉の牧場で白黒ヤギが人気
地球温暖化:英・孤島の野生ヒツジ、影響で小型に

<殺人未遂容疑>1歳娘の首絞めた母親逮捕 茨城・土浦(毎日新聞)
大津波・津波警報 東京都・南鳥島で10センチの津波観測(毎日新聞)
日立市など、茨城でも1万6000世帯に避難勧告 (産経新聞)
岡山・倉敷で母子3人刺される 同居の男を逮捕(産経新聞)
普天間「5月末に必ず結論」=社民党首と会談、先送りをけん制−官房長官(時事通信)
[PR]
by wfcftj2i33 | 2010-03-04 19:24

「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調−福島消費者相(時事通信)

 福島瑞穂消費者・少子化担当相は2日午前の閣議後の記者会見で、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設を検討していることについて、「鳩山由紀夫首相は国外・県外(に移設する)と強く言ってきた。陸上案はベターではない。私は首相を信じている」と述べ、反対の考えを重ねて強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

全日本学生児童発明くふう展 表彰式 常陸宮ご夫妻も出席(毎日新聞)
訪問看護支援事業での取り組みを報告(医療介護CBニュース)
信号無視で小2女児はね重体に=高松市課長、現行犯逮捕−香川県警(時事通信)
<五輪複合>3選手育てたスポーツ少年団長…秋田から応援(毎日新聞)
<事故>無人トラック、民家の塀に衝突 坂道を下り 横浜(毎日新聞)
[PR]
by wfcftj2i33 | 2010-03-03 09:39

<力士暴行死>「弟子ら信用できない」 名古屋高裁・控訴審(毎日新聞)

 大相撲時津風部屋の力士暴行死事件で、序ノ口力士、斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)=時太山=への傷害致死罪に問われ、1審で懲役6年(求刑・懲役7年)の実刑判決を受けた前親方、山本順一被告(59)の控訴審第1回公判が25日、名古屋高裁(片山俊雄裁判長)であった。1審判決について被告側が事実誤認や量刑不当を主張。検察側は控訴棄却を求めて結審した。判決は4月5日。

 1審判決は山本被告が弟子に暴行を指示し、制裁目的のぶつかりげいこが行われたと認定したが、被告側は控訴理由の説明で改めて「弟子らの供述は信用できない。ぶつかりげいこも適法だった」と主張。相撲界特有の厳しいけいこに触れ「どこにでも起こりうる環境で生じた事件」と訴えた。

 また山本被告は被告人質問で、斉藤さんの遺族に支払った損害賠償金約4870万円に加えて、日本相撲協会からの退職金約1588万円を遺族に支払ったと主張。山本被告は協会に退職金支払いを求めて東京地裁に民事訴訟を起こしていたが、協会が遺族に支払った解決金3500万円に退職金を充当することで両者が和解したと説明した。

 しかし協会は25日、「協会は山本被告に退職金を支払わず、損害賠償を請求しない」という1月22日の和解内容を明らかにして退職金支払いを否定。解決金については「守秘義務があるので答えられない」とした。

 1審判決によると、山本被告は07年6月25日夜、斉藤さんの額をビール瓶で殴ってけがをさせた上、弟子たちに暴行を指示。26日には制裁目的でぶつかりげいこを行い、斉藤さんを外傷性ショック死させた。【式守克史、武藤佳正】

【関連ニュース】
朝青龍関:「悔いは一切なし」涙ぬぐう場面も 会見で
朝青龍関:引退…暴行問題で 「今は晴れ晴れ」
日本相撲協会:朝青龍関、理事会に出席 暴行問題で
相撲協会:朝青龍関の特別功労金は1億2000万円
朝青龍関:今後は…親方として残れず

<ネパールPKO>陸上自衛隊の活動 4カ月間延長へ(毎日新聞)
人間椅子 (江戸川乱歩)
整形で逃亡はさせない! 警察庁と美容外科団体が協定(産経新聞)
近鉄奈良線で人身事故、3万6千人に影響(産経新聞)
子供守る目 住宅地にカメラ 大阪・寝屋川で運用(産経新聞)
[PR]
by wfcftj2i33 | 2010-03-02 01:36